歯磨きの時にしてはいけないことがある?

毎日しっかりと歯磨きをしているのにも関わらず、多くの人が虫歯や歯周病を防ぎきれていません。
実は歯磨きの時にしてはいけないことがありますので、それらを守るだけでもずい分違ってきます。
例えば、歯を磨くタイミングは、食後しばらく時間をおいてからが良いといわれています。
以前は食後すぐに磨くことが推奨されていましたが、今は30分以上経過してからがベターだとされています。
ただし、あまりにも時間が経ち過ぎることも問題ですので、1時間以内に済ませるようにします。

なぜ食後すぐに歯磨きをすると良くないのかというと、食べてすぐの時には口腔内が酸性に傾いているからです。
酸性に傾いていると硬いエナメル質が溶けて、通常よりも歯が柔らかく傷つきやすい状態です。
口腔環境が酸性からアルカリ性に戻ると再石灰化が始まって溶けた歯を修復します。
30分というのは、口内が酸性になって表面が溶けだした歯が再石灰化し始まるまでの時間であり、その前に歯を磨くと再石灰化の阻害をすると言われています。

また、乾いている歯ブラシを濡らして磨く人がいますが、この濡らす行為もNGです。
乾いている歯ブラシに歯磨き粉をつけて、そのまま磨くのが正解です。
水に濡らすと泡立ちが良くなりますのでしっかりと磨けているような錯覚を起こしますが、口内が泡だらけになって磨き残しが多くなる要因になります。
歯磨き粉のつけ過ぎも隅々まで磨くのを妨げてしまいますので、小豆大程度にすることが大切です。

虫歯予防にフッ素入りの歯磨き粉を取り入れる人も多いのですが、フッ素の効果をしっかりと引き出すにはブラッシング時間を長めにしなければなりません。
少なくとも3分程度はブラッシングしなければなりませんので、1本ずつ丁寧に磨くことが重要です。
フッ素入りの歯磨き粉を使って磨いた後に何度もすすぐ人がいますが、洗い流すと効果が減ってしまいますのでお猪口1杯程度の水で3秒間すすぐのを2回程度に留めます。

他にも、汚れが酷くて変色しているような時には力を入れてゴシゴシとこすりたくなりますが、実は磨き残しが多くなる方法ですのでやってはいけません。
歯磨き粉には研磨剤が含まれているものが多いので、その研磨作用によってエナメル質を傷つける要因にもなります。
歯ブラシの毛先がすぐに開いてしまうような人は力を入れ過ぎている可能性がとても高いので、軽い力で小刻みに磨くように練習することが大切です。