差し歯とインプラントは全くの別物なので注意

入れ歯 歯を失ったときの治療法の一つとしてインプラントがあります。
欠損した歯を補う治療には他にも差し歯という方法があります。
では何が違うのでしょうか。
今や画期的な治療法としてインプラントも多くの人に知られるところとなっていますが、この治療が導入される前には差し歯や入れ歯しか方法がありませんでした。

差し歯とは歯の根が残っている場合の治療法です。
残っている部分に土台をつくり、その上に被せ物をするというものです。
以前には土台と被せ物が一体化しており、それを差し込んでいたので差し歯という名前の由来になったようです。
現在では根の治療が終わったら土台と被せ物を別々にとりつける方法をとっています。

インプラントとは歯の根の残っていない場合の治療法です。
根の一部が残っている場合は抜歯して治療を行うことになりますが、歯の生えていた歯槽骨に人工歯根を埋め込んでその上に土台と人工歯を取り付けるという治療法です。
人工歯根は骨との融合性が高くアレルギーを起こさないチタンを使用します。
このチタン製の人工歯根と骨が融合するのを待ってその上に人工歯を固定することになります。
治療は歯科で使用している局所麻酔を使用して、ドリルで歯槽骨に穴をあけ、人工歯根を埋め込むという治療になります。
また目的とする歯槽骨の骨量が少ない場合は骨移植なども必要になり、非常に高度な知識と技術が必要な治療となります。
歯科医師であれば誰が治療を行っても違法にはならないのですが、インプラント治療はかなり専門的なものとなり、治療は審美歯科や矯正歯科で専門医が行うことが多いようです。

両者の大きな違いはその寿命と使いやすさにあるでしょう。
差し歯は使用する状況によっては抜けてしまうことは多々ありますが、インプラントはきちんとケアすれば半永久的に使用できると言われています。
また差し歯は大きな負荷をかけ続けることはできませんが、インプラントは審美面においても機能面においても自分の歯とほぼ同じように使用できるというメリットがあります。

治療方法の根本的な違いは差し歯が根の部分に土台を差し込んでいるということに対して、インプラントは直接骨に人工歯根を埋め込むので骨と融合するためにしっかりと歯を支えることができます。
人工歯根と骨との融合する時間が必要であり、完全に治療が終了するまでには数か月から年単位の治療期間が必要になります。
費用に関してもインプラントは健康保険適用外の自由診療であり高額な治療費が必要となります。