歯科医院の医療機器 歯科医院や歯医者についての雑学をいくつかご紹介します。
まず、日本には沢山の歯医者さんがあります
人気のあるなしはどのようなところで決まるのか、人気がある歯科医院の理由を挙げてみます。

まず、人気がある歯医者は入り口から入りやすい雰囲気を持っていることが特徴です。
一昔前までの歯科医院と言えば、少し入りづらさを伴っていることが多く、暗くジメッとした感じがありました。
しかし、現在多くの歯科医院が入りやすさを重視しています。
明るくきれいな玄関口は、患者としても入りやすいです。

院内の雰囲気もとても重要です。
開放的で整理整頓がされて、明るい待合室であれば、落ち着いて治療までの時間を過ごすことができます
歯科医院を訪れる患者は、多かれ少なかれ不安を抱えていることがほとんどです。
暗く沈みがちな気持ちを少しでも軽くしてくれる心遣いがある歯医者に魅力を感じる人は多いです。

駐車場のある無しも意外なポイントとして挙げられます。
ただあるというだけではなく、広く駐車がしやすいことも重要です。
車庫入れが苦手な女性などでも簡単に入れることができる駐車場であれば、通いにくさを感じさせません。

歯科クリニックのスタッフの対応も人気に直結する重大な要素です。
院内に足を踏み入れた時、明るく元気な挨拶があれば気分が明るくなります
待合室にいる時でも明るく声かけをしてもらえれば、リラックスできます。
人気のある歯医者は、痛みや不快感が少ないことも大切なポイントですが、治療の時落ち着いて臨めれば、痛みにも関係してきます。
そういった意味でもリラックスできる環境を歯科医院側が作ってくれる事は、患者にとってとても重要です。

歯医者は、治療の腕があればそれで良いというわけではありません。
患者に対する真摯な態度を、通う人はちゃんと見ています。
患者としっかりと向き合うという意味で、カウンセリングは大切な意味を持ちます。
患部だけを見ていきなり治療に入るのではなく、患者の話をしっかり聞いた上で、何を不安に思っているのか、どうしてほしいと考えているのかを汲み取ることが大事です。
その上できちんと分かりやすい言葉で説明をし、治療方針を示し、お互いが納得をした上で治療に入れば、患者は安心できます。
こういった歯医者は信用できます。
人気が高くなるのも納得です。
歯医者の廃業がニュースなどで話題に上ることもありますが、患者に寄り添う、患者目線の対応をしてくれる歯科クリニックは人気が出るため、そういった憂き目には遭いにくいと言えます。

歯医者がコンビニよりも多い理由とは?

歯科医院の待合室 歯医者がコンビニよりも多いという雑学を聞くと、いつからそうなったのかと思ってしまいがちですが、実はコンビニの数が歯科医院よりも多かった事は今までありません。
コンビニが日本に普及するよりもはるか昔から歯医者はあるので、当然と言えば当然です。

歯医者の数がこんなにも多く存在するには、当然理由があります。
いくつかその理由を紹介します。
まず、日本の医学部歯学部のシステムがこの事態を呼ぶ一因です。
全国の医学部の定員が約9,000人であるのに対し、歯学部の定員は2,500人もいます。
歯科医師の卵がいかに多いかよくわかります。
この人数に対して、大学病院や総合病院で、歯科を持つところは多くありません。
大学や大学院に残り研究の道を志すにしてもその人数も限られているので、自然と独立開業の道が多く開かれることになります。

理由はまだあります。
日本の歯科の歴史を紐解くと昭和40年代、虫歯の激増が社会問題となりました。
食習慣が大きく変化して欧米化したことや、日本人の生活が豊かになり、甘いものや嗜好品をたくさん食べられるようになったことも、この激増を後押ししています。
食習慣の変化が顕著な上、さらに加速する趨勢にあったため、歯科医師の不足が懸念されました。
政策としてとられたのが、歯科大学や歯学部の増設です。
それまでの実に4倍近くが新設されました。
しかし、この政策は少々行き過ぎの部分があり、逆に供給過剰の状態に陥ります。

人口10万人あたりの歯科医師が50人程度で適正と言われる中、この政策以前は約30人と少なく、これが虫歯の増加した原因とされました。
政策を実施した結果、この後35年ほど経つと、10万人あたり80名まで激増しました。

このような歴史が重なり、歯医者がコンビニよりも多いという事態に至っています。
歯科医院が増え、医療の技術も発達するので、虫歯や歯周病を患う人はむしろ減少しています。
また、高齢化や少子化に拍車がかかり、人口そのものも減っているのが現状です。
歯医者同士の生存競争は熾烈になり、人気のある歯医者に患者は集中します。
淘汰されるのは必然です。

歯医者の雑学をさらに紹介すると、生き残りのための策は興味深いものの1つです。
専門性を持たせるという手段をとる歯医者も多いです。
中でも、審美歯科、歯科矯正など自費診療が多くなる治療を専門とすることで、生き残りを図る歯医者は目立ちます。

平日遅くまで診療をしたり、休日も診療の日を設けるなどする歯科医院が増えているのは、生き残りのための苦肉の策であることも多いです。
患者にとっては、このような歯医者同士の競争はプラスに作用することが多く、近所にいくつか存在する歯医者を比べることで、より良い歯科診療を選択することができます。
人気の歯医者が誕生しやすい土壌が、日本にはあります。

あわせて読みたい記事